介助付きコミュニケーション「Yomitol(ヨミトリ)」の活動に温かい関心をお寄せくださり、また応援してくださっている皆様、いつも本当にありがとうございます。また、初めて「今日もヨミトル!」をご訪問くださった方に御礼申し上げます。ようこそお越しくださいました。

ブログサービスサイトのはてなブログにて2018年から2020年に発信していたブログ「今日もヨミトル! あなたがわかっていること、伝えたい」を、このたび本サイト「ご一緒しましょ!」に移転し、再スタート致します。

病気や事故による重度の後遺症で、意識があり周囲の状況もすべてわかっているのに自分の意思を表出できず苦しんでおられる方がいます。
ヨミトリでは、そういう方が文字(言葉)を書くことをイメージ(書字想起)する際に伝わる微細な動きの方向を、その方の指先からキャッチして、一画一画を確認し、書かれた言葉をその方の代わりに表出します。
意思疎通支援の介助付きコミュニケーションの技法の一種で、ヨミトリは私が行っている技法に私が付けた固有の呼称です。

現在は、事故で18年間意思疎通できなかった青年と、神経難病の進行により約5年間意思疎通が困難であった患者さんを定期的にお訪ねして、ヨミトリによりお話を聴かせていただいたり、ご家族との会話やケアに携わる方々の担当者会議に通訳として同席、また外出時に同行させていただいたりしています。

ブログ「今日もヨミトル!」では、2013年からの8年間の支援活動の事例や、その間に得た学び、何よりも、再び言葉で意思を表出できた障害当事者の方の喜びと思いをお伝えしています。

ヨミトリに興味を持ってくださったBCI(ブレイン・コンピュータ・インターフェース)の研究者の方や、東京オリンピック2020で活躍した自動走行バスの開発に携わった技術者の方とのヨミトリデバイスの可能性についてのディスカッションの機会など、ネットワークも少しずつ広がっています。

わかっているのにそれを伝えられず苦しんでおあれるあなたに、
そして、
あなたがわかっていることを信じて、日々その思いが届く方法を模索しておられるご家族・支援者の方のために。
引き続きこのブログでの発信が、情報を必要としている人に届くことを切に願いつつ、

これからもどうぞよろしくお願い致します。
ご一緒しましょ!