セーターと母と仲間と (14) 工芸に親しんで

  • 2016.04.11 Monday
  • 23:52
「何か聞かれた?」

「ううん、『体調崩して休んでいます』とだけ言ったから。」

「そう…。でもありがとう。気になっていたから、よかった。」

   * 

「お月謝を持って行ってくれてありがとう」という母の言葉を聞いて、
染色の習い事のこと、病気で中断することになって
きっと思うことがいろいろあるのだろうなと…

miko-mikuも、思い出すまいと思うのですが、
やっぱり悔しい気持ちがこみあげてきてしまいました。

  * * *

母は工芸の七宝焼を長くやっていて、
家に小さな電気炉の窯を置いて人に教えてもいました。

独特の釉薬の色使いでセンスの良さがうかがえ、
アクセサリーの依頼がよく来ていました。
10年以上出品していたキリスト教関係のバザーでは、
毎回必ず母のところに立ち寄り買い求めてくださる
ファンのような方もいました。

  * * *

母は病気になる2年程前から、当時人気絶頂の、
染色工芸家の主催する染色教室に通っていました。
一通りの基本的な技法を学んだ後、
絹の反物に手描きで模様を入れていき、
完成すると着物や帯に仕立ててもらいます。

それまで七宝焼の他にも、銅版画や革細工などいろいろ手がけた工芸の中でも、
染色は特に関心が深まったそうです。
「本当に面白い。やり甲斐がある」とよく言っていました。
これからはこれを究めてと、とても一所懸命勉強していたのです。
本当にうれしそうでした。

  * * *

ところが、通い始めてしばらくすると、
母は教室に行くのがなんとなく
憂鬱そうになってしまいました。

(続きます)
 

セーターと母と仲間と (13) 母の気持ち

  • 2016.03.25 Friday
  • 08:53

「すごく進んだね〜。」

ベッド脇のイスに座り、miko-mikuは母が編む手元を見ながら話しかけました。

「模様編み入っていないから、ただ編んでいくだけだから楽よ。
白のモヘヤにしてよかったわね。きっと良い感じのになるわよ。」

母にそう言ってもらうと、miko-mikuとっても嬉しい(*^^*)。

   heart

母も一休みといった感じで編み棒を置き、笑いながら答え、続けました。

「でも、さすがに親睦旅行までに完成は無理よ。」

miko-miku、急いで答えました。

「もちろんだよ。そんな、もう…。反省してる。疲れちゃうのにお母さんに
無理させちゃって。旅行はもちろんセーター着ていかなくていいし、
とにかく無理しないで。」

「でも楽しいわ。痛くて困っちゃう時あるから、気が紛れていいのよ。」

   heart

笑いながら言う母でしたが、miko-mikuはドキッとしました。

「痛いの…。」

「前ほどじゃないけれどね。時々あちこち痛くなるから困るのよね〜。」

きっとすごく痛いのだと思います。

余計な含みを持たせず、さらりと、でも真っ直ぐに言葉を紡ぐ母に、

miko-mikuはただそれを繰り返すだけで精一杯でした。

「そうだよね…。痛いのは、困っちゃうよね…。」

母が話題を変えました。

 docomo docomo docomo

「染色のお月謝ね、届けてくれてありがとうね。」

「ん? ああ、あれはただ持って行っただけだから。」

「でも、気になっていたからよかったわ。ありがとう。
 何か聞かれた?」

(続きます)

 

セーターと母と仲間と (12) 魔法の手

  • 2016.03.19 Saturday
  • 23:38
母が引き受けてくれた手編みのセーターは
実際驚くほど編み進められていてきらきら

模様編みではない、同じシンプルなメリヤス編みのはずなのに、

miko-mikuが編んだところと母の編んだ部分は
出来栄えがまったく違っていて

そういう意味ではボーダー柄の模様のようになっていました…

heart heart heart heart heart

料理も裁縫も何もかも本当に上手で、

美味しいおやつのお菓子や
miko-mikuの子どもの頃の洋服や
時には内職の飾りカゴさえも

それはそれは美しく創り出すその手を
母の体にもたれかかって
いつも覗き込んでいたmiko-mikuでした。

双葉 双葉 双葉 双葉 双葉

それなのに、間が悪いというか、肝心な時に大失敗をする子ども…涙

出かける朝、母に作ってもらっていたお手製のベストが完成しました!
真っ赤な別珍の生地に、黄色の刺繍糸で蝶のラインステッチが入って
子どもながらにうっとりするほど素敵なベストキラキラ

白いブラウスの上に着て、もううれしくてたまりません。

「先に外に出て待ってるね」と飛び出した後の事は
正直言ってよく覚えていないのです。
ただ心がとっても弾んでハミングしながら大きくスキップしていました。
家の前の急な下り坂で…。

気がつけば道の脇の側溝にダイブというか転げ落ちたというか

ほどなく戸締まりをして外に出た母の前に情けない顔で立っていた小2の娘は
全身泥だらけで、ついさっきまで急いで仕上げて完成したはずのベストも
変わり果てた姿になっていて

さすがにこの時は猛烈に怒られました(^_^;)。

heart heart heart heart heart

ベッド脇のイスに座って
泥だらけの真っ赤なベストとバツの悪さに1人思い出し笑いをしながら、
編み棒を動かす憧れの母の手にじっと見入っていたmiko-mikuでした。

 

再開します^^/

  • 2016.03.17 Thursday
  • 21:42
先週の金曜日…

ネコ アレサ  :あれ、今日帽子の泉プロジェクトのタオル帽子の会じゃないの。

にやりネコ ペコ     :どうして家にいるにゃ。

kyumiko-miku :行けませんでした。インフルエンザ(;;)。

ネコにやりネコ     :えー。大丈夫か。

kyu      :タミフル飲みました。

ネコ      :いえ、タオル帽子の会。大丈夫か。

kyu      :yucomさんががんばってくれています。
       タカコさんとかヒジキさんも手伝ってくれてるから。
       「みなさん手際良く作ってくださっている」とさっき
       実況中継入りました(;;)。

にやりネコ      : まったく。ママ、肝心な時に。

kyu      :はい。面目ない。トホホ。

ネコ      :連載は? 途中で止まってるけど。

kyu      :あー…。終盤近づいて来て、いろいろ思うと書けなかったです…。
        書けないうちにインフルエンザに…。

にやりネコ      :でも、途中でやめちゃだめにゃ。ちゃんと書かないと。

kyu      :うん。わかってる。

ネコ      :大切な思い出でしょ。

kyu      :そう。大好きだった母のこと、書きたい。

にやりネコ      :そうにゃ。それにママが書いたら、
        読んでる人はみんなそれぞれの大切な人とのお別れを想うのにゃ。

kyu     :書きます!

 双葉 双葉 双葉 双葉 双葉

というわけで、インフルエンザで撃沈の後が少々ダメージが大きかったですが、
おかげ様でようやく調子が戻りました。

今週末からまた連載を再開します♪
と言っても、残りはあと数回ですが(^_^;)、
どうぞよろしくおつきあいくださいm(_ _)m。

ネコ      :にゃー、にゃー、にゃー。

kyu      :え? 誰? 

  heart heart heart

撃沈中に1人(匹)増えました。
チビです。よろしく〜。
 

「タオル帽子を作る会」ご参加申込み 好評受付中です♪

  • 2016.03.03 Thursday
  • 23:50

ニコ yucom:そういえば、ブログ「ご一緒しましょ!」のバナーの柄がメリヤス編みね。
      「セーターと母と仲間と」の記事にピッタリ。

ネコ アレサ :でもママがブログを始めてからずーっとこのメリヤス編みなんだけど。

にやりネコ ペコ   : 去年の暑い夏もこのメリヤス編みの模様のままで、
      そのままこの冬に突入したにゃ。

kyumiko-miku:すみません、季節にマッチした柄をとも思ったんですけど、
        そういうの変えるの面倒で…ーー’。設定とかも苦手だし。
        しばらくこのままメリヤス編みで〜ハート

           heart heart heart

編み物と言えば、東日本大震災の被災地の支援学校の生徒さん達に
アメリカから毛糸の手編み帽子がプレゼントされて始まった
「帽子の泉プロジェクト」。

「帽子の泉プロジェクト」では、来る3月11日(金)、
抗がん剤治療の副作用による脱毛に悩む患者さんのための
「みんなで作ろう♪タオル帽子の会」を開催いたします。

                                       heart

開催のご案内が地元有力紙の行催事コーナーに掲載され、
ご参加のお申込みやお問合せをたくさんいただきました。

「以前から関心を持っていたが、どこで習えるかわからなかった」
「洋裁が得意です。お役に立てたらうれしい」
「ボランティアをやってみたかった。良い機会をありがとうございます」
等など、嬉しいコメントをいただいています。

               heart

実は、miko-mikuがとてもお世話になっている親しい女性Hさんが
この「みんなで作ろう♪タオル帽子の会」の準備開始の頃と
時期を同じくして、抗がん剤の治療に入りました。

Hさんは「帽子の泉プロジェクト」を応援してくださっていて、
ご自身が闘病中なのに、「何か役に立てたら」と言ってくださり、

現在、「作ろう会♪」準備のために試作したタオル帽子を実際に使って
モニターをしてくださっています。早速コメントを寄せていただきました。

              heart

「髪の毛が抜け始め、部屋のあちこちに髪が落ちるので、
帽子があると本当に助かります。24時間手放さずかぶっています。
洗濯したいので、予備があるといいです。」

              heart

お一人おひとりの「誰かを想う心」が、
病と戦う患者さんの、治療の日々をサポートし、
大きな励ましとなります。

3月11日(金)午後1時半〜 
ウィルあいち 2階 創作スタジオ
で行います。
詳細は上記「みんなで作ろう♪タオル帽子の会」を
ご参照ください。

皆様のご参加をお待ち申し上げます。

ご一緒しましょ!
       

セーターと母と仲間と (11) 変わらない

  • 2016.02.29 Monday
  • 12:45

手編みのセーターで皆さんの賞賛を浴びる作戦♪の支援体制も整い

ネコ:あきれてものが言えません。
にやりネコ:病気でたいへんなお母さんに何させる気にゃ。
kyu:はい。仰るとおりで…。でもね、でもね、
  お母さんもちょっと嬉しそうだったのね♪
ネコにやりネコ:どこまで都合が良いかにゃ怒り

仕事で外に出てそのまま帰れる日があって、
miko-mikuは急いで病室へ向かいました。

お隣のベッドのおばあさんにカーテンの隙間から軽く会釈のご挨拶。
それから奥の母の方に進みました。「来たよ〜。」

母は体を起こしてセーターを編んでくれていました。
入院してからはずっとゆかたを着て過ごしていた母。
セーターを編むのにゆかたの袖から見えている腕先が、
あらためて見るととても細くて、一瞬どきっとしました。

* * *

体重は多分かなり落ちていたと思うのですが、
顔も痩せず髪も変わらなかったので、
母自身がよく「お見舞いの人が来てもね、
布団かけて顔だけ出してるとね、あんまり変わっていないと思うのか、
深刻な雰囲気にならなくてすむのよ。助かるわ〜。」と
笑いながら言っていたっけ。

本当に綺麗だった母。
病気になってからは、体はとても辛そうだったけれど、
顔かたちの美とは別の、何か特別な澄み切った美しさが
母を包んでいました。

家によく遊びに来ていた私の友人達が、皆、
入院した母に会いに来てくれて、
何度言われたことでしょうか。
「お母さん、本当に綺麗だね。」

* * *

でも、やっぱり細くなった腕を見ると切ない。
病気の重さも、辛さも、不安も一切口に出さず、
家のこともすごく心配だったと思うのに、
すべてを委ねてくれた母。

今思えば、覚悟のような気持ちが、
あんなにおだやかな優しい笑顔を導いていたのでしょうか。
もともと愚痴めいたことをほとんど言わない母でしたが、
強がるとか気丈といったものと無縁の、でも何か
揺るぎのないものをmiko-mikuは感じていました。

体は相当たいへんだったはずだけど、
でも淡々とセーターを編んでいる母。
miko-mikuの声に顔を上げたその顔にはいつもの微笑みが。

先ずかけるべきは案ずる言葉ではなく、
miko-mikuの嬉しさを。

「わ〜、一気に進んだね〜♪」

(続きます)
 

セーターと母と仲間と (10)編んであげる

  • 2016.02.22 Monday
  • 23:26
手編みのセーター賞賛大作戦手

のはずでしたが、
「持って歩いてちょこちょこやるよー」と言っても、
仕事は忙しいし、病院にも行くし、なかなか時間がとれません泣き

そもそも、編み物超初心者なので一目ずつ、丹精込めて丁寧に…

ネコ:つまり、遅いんですね。
kyu:はい。
にやりネコ:セーターどうなるにゃ。

 heart heart heart

会社の親睦日帰り旅行まであと1週間を切ってしまい、
妄想うっとりのエネルギーも枯渇気味で
ピコンピコンピコン、点滅する胸のタイマー。シュワッチ!

にやりネコ:余計なこと言ってにゃいで。
kyu:はい。

ようやく実現の困難に気が付き始めたmiko-miku汗
会社に行く足取りも重くなる一方です。

miko-miku:おはようございます(声小さい)。
ヤブさん :わー素敵なセーター。
miko-miku:まだです。
ヤブさん :え〜、持って歩いてちょこちょこやってるんでしょ。
miko-miku:ま、まあね。
ヤブさん :がんばってね。セリフ一所懸命練習してるんだから。
miko-miku:なんだか嬉しそうですね、ヤブさん。
       うー、負けるもんか。絶対仕上げてみせますよ!

 heart heart heart

でも病室で明らかにしょんぼりムードのmiko-miku。

お見通しの母が笑いながら言いました。

「そうは簡単に進まないでしょ。」

「え、セーター? うーん、頑張ってるんだけどねー」

「どんな感じ?」

「えへへ」

照れ笑いと共に取り出した編みかけの前身頃に
母が思わず吹き出しました。

「あー、これは厳しいわね」

「なかなか進まなくって…。思ったよりたいへんだな。エヘ。」

茶化して言ったつもりでしたが、母は真顔で答えました。

「時間ないものね。家のことも全部あなたに任せちゃって」

あーだめだめ。それ言わなくていいよ、お母さん。
労ってもらったりすると、すぐ泣きじわっときちゃうから。

「ちゃんとやってるからね。大丈夫、大丈夫。
お父さんも手伝ってくれるし。新聞とか、ウヒヒ。」

ちり紙交換エピソードを思い出し、二人でちょっと笑い顔。
母が不意に言いました。

「置いていきなさい。お母さんやってあげるから。」

「え? えー、いいよ。そんな、入院してるお母さんに
編んでもらいましたなんて大ひんしゅくだもん」

「いいから。ただし間に合うかどうかわからないわよ。
でも、とにかく置いていきなさい。編んであげるから。
目を減らすところとかできないでしょ。」

「できないっ。減らすもなにも全然進んでいかないんだよ。
困ったなーと思って。でも、いいのかな。ホントに頼んでいいの?
ごめんね、お母さん。こんなことさせちゃって。
絶対無理しないでね。」

思いつくのはいいけど、いつも1人ではやりきれなくて、
結局助けてもらうmiko-miku。トホホ。

申し訳ない気持ちと、
助かったー!と、ほっとした気持ちと
もうないと思っていた母の手作りに触れられる嬉しさと

病院を後にしたmiko-mikuに
いろいろな想いがこみ上げてきました。

(続きます)
 

セーターと母と仲間と (9)揺れる想い

  • 2016.02.20 Saturday
  • 00:47
先ずはセーターの身頃部分をというわけで、
母に編み出してもらった後を、
増やし目も減らし目もなく、
ひたすら単純なメリヤス編みで進んで行ったmiko-miku。

でも、モヘヤのふわふわした毛糸だから、
プレーンな編み方でもしっかり味わいがあります手

     heart

ネコ アレサ:いえ、それは毛糸の質感ではなく、編み方が下手で編み目にムラが…
にやりネコ ペコ :ママの記憶が、限りなく美しく塗り替えられてるにゃ。

kyumiko-miku:”いつもポジティブ矢印上”と言ってください。

     heart
     
とにかく、何が何でもあと10日で完成させなくちゃ。

「えー、自分で編んだの? 信じられない!」
親睦旅行でみなさんの賞賛が一斉にmiko-mikuにきらきら 妄想♪ きうっとりkyu

双葉 双葉 双葉 双葉 双葉

母の病状が良くないのに、仕事を続けていてよいのだろうか。
本当は、私にずっとそばにいてほしいのではないか。

でも、前例のない採用で得たお仕事で、
ここで頑張らないとというプレッシャーもあって

何よりmiko-mikuがその仕事に就いたことを
母がとても喜んで

自分の入院で家族が生活を変えることを
母は望んでいなくて

いつも言っていた「今までのままでいいから」。

 双葉 双葉 双葉

職場は創造的な制作や企画が多くて、
働く人も本当にユニークで面白い人ばかりで
miko-mikuより年上の人がほとんどでしたが
子ども心が一杯の多芸多才の明るい人が多かったので
忙しかったけれど、毎日がとても楽しかったのです。

母のことで心配な辛い気持ちが、
職場にいる時は思わず忘れる時もあって

毎日起こる面白い事を
母に話して一緒に笑えることも
とても救いになっていました。

 双葉 双葉 双葉

miko-miku:おはようございます!
ヤブさん :わー、素敵なセーター。
miko-miku:まだです。

ヤブさんはニヤリと笑い、「大丈夫?」

miko-miku:大丈夫ですよー手。持って歩いてちょこちょこやってますから。
キヨコさん:楽しみだわ。どんなセーターかしら。

心から期待してくれているのがわかるキヨコさんのキラキラの瞳きらきらです。
いろいろがんばるぞ〜ぴのこ:)
  
双葉 双葉 双葉 双葉 双葉

猛烈に時間に追われる毎日の中で、
わざわざ慣れない編み物を始めたのは
もしかしたら、ただひたすら編み目を追って
心を空っぽにするひと時がほしかったのかもしれません。

(続きます)
 

セーターと母と仲間と (8) このまま編めばいいからね

  • 2016.02.16 Tuesday
  • 10:56
ネコ アレサ:もう…、ようやくセーターが再登場。
にやりネコ ペコ :ママ、どうするつもりにゃ?
kyumiko-miku:どうするもなにも、ただあの時起こったことをありのままに、
ネコにやりネコ :進めー。
kyu  :はい m(_ _)m。

   heart heart heart

母が「そういえば、セーター編むの、どうした?」と聞きました。

いろいろな想いが一度にこみ上げて来て、
ちょっとぼーっとしていたmiko-mikuですが、
我に返りました。

返りましたが、元々抜けています。忘れています…。

「うん? セーター?」

「編んで会社の行事に着て行くんじゃなかったの?」

母は、半ばあきれ顔で、でもいつものmiko-mikuに戻った様子を見て、
笑いました。

「あーーっ。そうだった。お母さんに教えてもらおうと思って
持って来たんだった。」

「まったく、棒針編みなんてしたことないのにいきなりセーターなんて、
苦戦してるんじゃないかと思って。見せてごらん。」

「うーん、苦戦する前のレベルって言うか…えへへ、
実はこれから編むところなんだけど。じゃーん!」

言いながら毛糸の玉を取り出したら、さすがの母も完全あきれ顔に。

「来週の土曜日だったわよね。無理したらいけないから
もう今回はやめておきなさい。」

「大丈夫だよ。持って歩いてちょこちょこやるから。そういえばね、
この前テレビで香港の街角みたいな番組やっててね、
おばさんが歩きながら編み物してたの! 歩きながらこう両手で
しゃかしゃか。道の角も編みながら曲がって行ったの。
すごかったなー。」

母が即座に言いました。

「だめ。絶対に真似しちゃだめよ。前も
回りながら落ちかけたでしょ。絶対にダメ!」

学生時代の体育の授業が社交ダンスで、ターンで落ちこぼれていた
miko-mikuは、組む人に迷惑をかけてはいけないのでとにかく
集中して練習あるのみと、家ではもちろん、通学途中の駅のホームでも
電車を待つ間も惜しんで猛特訓。たまたま母と出掛けた時に、
「ほら見て。こんなに回れるようになった」と嬉しくてクルクル回りながら、
そのままホームから落ちて行きそうになったのでした。

miko-mikuは小さい頃から、いつもお母さんをヒヤヒヤ、ハラハラさせてたね。

「外でやると危ないから。ここに置いておいて少しずつ編んだら?
手伝ってあげるから。」

母はそう言いましたが、頑固と能天気が合体しているmiko-mikuは
譲らず、「大丈夫!。がんばるよ〜。」と、ここでも宣言。

仕方ないわねという感じで、母はベッドで体を起こし、
本を見ながら棒に最初の目を作って、あっという間に何段か
編んだのでした。そして棒の繰り方をmiko-mikuに見せながら言いました。

「当分このまま編めばいいからね。」

(続きます)
 

「みんなで作ろう♪タオル帽子」のご案内

  • 2016.02.13 Saturday
  • 23:50
「セーターと母と仲間と」連載の途中ではありますが、
帽子の泉プロジェクト主催の素敵な行事のお知らせを
お届けさせていただきますハート

双葉 双葉 双葉 双葉 双葉

「みんなで作ろう♪タオル帽子」
   
ハート制作講習&協力会ハート  



月 日:2016年3月11日(金)
時 間:午後1時30分〜4時30分(受付:1時15分〜)
場 所:ウィルあいち(愛知県女性総合センター) 2F 創作スタジオ
講 師:糸井 以久子氏
参加費:無料
持ち物:材料・道具は主催者側で用意します。
定 員:30名

heart heart heart

「タオル帽子」は、抗がん剤治療の副作用に悩む患者さんのために
岩手ホスピスの会で考案され、広がりました。

簡単に洗えて肌触りの良いタオル帽子は、季節を通して使いやすく、
髪の毛が抜けても枕などにつかないため、寝具の汚れも軽減できるそうです。

「作ろう会」では、脳卒中障害者の会ドリームで
miko-mikuのボランティア先輩として活躍中の
糸井以久子さんを講師にお招きし、
みんなでタオルをチクチク縫って作ります。

糸井以久子さん

糸井さんは、名古屋大学付属病院、マクドナルドハウスでも
ボランティアとして活躍。
仲間の皆さんと、入院中の子どもさん達にも
タオル帽子をプレゼントして、たいへん喜ばれています。
     Docomo_hart
みなさんに当日お作りいただいた帽子は、
帽子の泉プロジェクトのアメリカの支援者、
ナンシー・ベリーさんが運営する
がん患者さんのための支援基金
「Angie's Spa」に寄贈させていただきます。
    Docomo_hart Docomo_hart
ナンシーさんは、同じく支援者のジェイミーさんと
2014年に東日本大震災の被災地、宮城県名取市を
帽子の泉プロジェクトメンバーと共に訪問し、
宮城県支援学校の生徒さんや、社会福祉法人「みのり会」の皆さんと
交流しました。
    Docomo_hart Docomo_hart Docomo_hart
今回のタオル帽子を作る活動には、
2012年に帽子の泉プロジェクトメンバーが出会い、
以来交流を深めている名取の皆さんも
現地で帽子作りご協力を申し出てくださっています!
   Docomo_hart Docomo_hart Docomo_hart Docomo_hart
震災という未曾有の出来事がきっかけで始まった交流ですが、
アメリカから贈られた手編みの毛糸の帽子が、
名取とアメリカと名古屋を結び、
コミュニケーション支援の活動からご縁のできた
ドリームの糸井さんからご紹介いただいた
岩手ホスピス協会のタオル帽子につながり、

   Docomo_hart Docomo_hart Docomo_hart Docomo_hart Docomo_hart

今度は、アメリカのがん患者さんにお届けする帽子を
名古屋と名取で作る機会を得ることとなりました。

   heart heart heart

「作ろう会」当日は、制作時間に余裕を持っておりますので、
ご自身のお持ち帰り用もお作りいただけます。
お近くに帽子を必要とされる方がいらしたら、
きっと喜ばれるでしょう。

※お持ち帰り用をご希望の方は材料のフェイスタオルをご持参ください。

「作ろう会」の詳細とお申し込みは
       
帽子の泉プロジェクトHPをご覧ください♪

みなさまのご参加を心よりお待ち申し上げます!

ご一緒しましょ!
 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM