セーターと母と仲間と (16) 梅じゃない

  • 2016.05.29 Sunday
  • 23:53

miko-mikuは聞きました。「あれ、『先生よく褒めてくれる』と言ってたじゃない。」

「そう。最初の頃は、『すごく上手』とか『飲み込みが早い』とか褒めてくれて、
『センスが良い』とも言ってくれてたんだけど…」

「急に厳しくなっちゃったんだ。愛のムチかな。」

母の言わんとするところはなんとなくわかってしまったので、
敢えて茶化して言ってみましたが、母は真顔でした。

「厳しいっていうか、『こんなのダメ』とか『なってない」とかね。」

「技術的なこと?」

「そうじゃなくて、多分デザインのこと。」

「ああ」

「花とか物とか毎回課題があって、布に自分のイメージで描くんだけど。」

「『こんなのダメ』って?」

「そう、『こんなの梅じゃない』とか『そん形はあり得ない』とか…。」

  * 

うーん、難しい状況です。
最初は、初めて習うにしてはよくできると思われたと思うけど、
もしかして…よくでき過ぎちゃった? 
でもたとえそれが不都合だったとしても、それは母のせいではないし。

  *

「難しいね。デザインって人それぞれのところもあるし、変って言われてもねぇ。
でも、そもそも入門クラスでしょう。初歩の人は褒めて育てなくちゃね〜。」

そういう次元の話ではないことは重々わかっていたけれど、
他に言いようもなく…。
なんだかがっかりしました。
お母さん、何十年も工芸に親しんできて、
せっかく新たに打ち込める美しい世界を見つけて
喜びに満ちていたのに。

  * * *

そんな教室でのことを聞いてしばらく経ったある日、
母が珍しくウキウキと教室から帰って来ました。

「今日は調子良かった?」miko-mikuも様子を聞きたくなりました。

「今日ね、大先生が教室にいらしたの。」

(続きます)
 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM