momoのつぶやき at 有坂ちあきさんライブ

  • 2015.03.29 Sunday
  • 09:30
皆さん、こんにちは^^/、momo ちゅん です。

前回miko-mikuさんが「次回はライブバックステージ泣き笑いをお届けしまーす♪」と言いながら引っ張られて退場していきましたが、miko-mikuさんに代わって、お届けはmomoが担当させていただきます♪。
ライブを客観的に振り返ることができるのは、やはり私をおいて他にいないからです。

「有坂ちあきさんライブin名古屋」を絶対成功させるために、超マイペースのmiko-mikuさんと
人の話を聞いていないyucomさんをフォローしつつ、皆さんには十分わかっていただけると思いますが、

シャキーンきらきら momoはとってもがんばったんです(;;)。

なんといっても、有坂さんに気持ちよくお過ごしいただき、安心して歌っていただき、そしてご来場の皆さまに喜んでいただかなければいけません!

yucomさん 「当然でしょ。スタッフ一丸となってですね、」

momo 「だったら、冒頭から『茶色〜』とか言わないでください怒り

yucomさん 「なんでしたっけ?」

★ ★ ★

当日♪ 名古屋駅で有坂さんをお出迎えして一路会場のオーバータイムへ。同行したヤングボランティアスタッフが今春大学進学と聞き、有坂さんもご自身の学生時代の思い出話などしてスタッフの緊張を解いてくださいます。
有坂さん、本当に気さくで素敵な方です♪

お店到着。いよいよです!集合したスタッフと共に入店。

miko-mikuさん 「こんにちは〜。有坂さんご到着されました♪ 今日はよろしくお願いいたします!」

オーバータイム・ママさん「いらっしゃいませ♪ よろしくお願いします!」

一気に盛り上がるアゲアゲムード矢印上

momo&ボランティアのYさん「よろしくお願いします!」
ヤングボランティア「こんにちは〜♪」

ママさん 「はい、こんにちは。お若いのにお手伝い感心ね〜」

yucomさん 「茶色でした〜」(顔には満面の笑み)

ママさん 「はい、ちゃ……。……??」(笑顔のまま固まる)

yucomさん 「茶色でした、うふっニコ

   場内 シーン...

早く、momo、なんとかしなくちゃ! でも、怒っちゃだめ。有坂さんがいらっしゃる。

momo 「おほほ、yucomさん、何が茶色だったですかね〜(怒り)」

yucomさん 「(お店のオブジェの)綿花。コットンボール♪ この前打ち合わせで来た時、
ママさんが『このコットンボールの茶色は着色かしら。普通は白だけど』と言われたので、
調べてきました〜。」

ママさん 「あ〜、綿花。そうそう、綿花ね。」(固まりほどける。が、唐突感にまだ動揺中)

momo 「なるほどね〜、綿花。でもちょっと、実はとっても、突然でびっくりしましたよ〜。
momo今日はできたら文章には主語とか前の段落とか付けてほしいな〜。っていうか、
できればライブの話題で統一してください!

yucom 「茶色も着色じゃなくて天然の色だそうです♪」

天然の色じゃなくて、yucomさんが天然ですーー’。

あっ、しまった! 有坂さん。有坂さんは大丈夫か?! 

立ち尽くす有坂さん…。

momo「も、申し訳ございませんっ、有坂さん!(平伏)ささ、奥へ。ご準備なさってください。
も〜、miko-mikuさん、yucomさんにちゃんと言ってくださいよ」

miko-mikuさん、なぜかネームホルダーをためつすがめつ首に掛け中…(;;)。

★ ★ ★

momo 「どうしました?」

miko-mikuさん 「スタッフって書く台紙の紙ね、赤と緑、どっちが良いかな〜と思って♪」

momo 「…。普通に担当別に色分けすればいいんじゃないですか」

miko-mikuさん 「どっちが映える? ブラウスが緑だからやっぱり赤が可愛いよね。
それとも、同系のグリーンでシックにまとめるか…」

momo トホホ(;;)「うーん、そういうことなら、どっちでもいいと思いますっ怒り

miko-mikuさんヤングボランティアに「台紙に”STAFF”と書いてね」と指示。
「ペンはね〜、じゃーん^^v、いっぱい持ってきたから好きなの使ってね♪」

ヤングボランティア 「momoさーん、ペンが全部書けません(;;)」

momo 「むーーーー。仕方ない。買いに行ってる時間ないし…有坂さんにお借りしなさい!
丁重にお願いしてくださいね!」

ヤングボランティア 「有坂さーん、すみません、ペン貸してくださ〜い♪」

(;;)。有坂さん、CDサイン用の大切なペンを快く貸してくださいました。ご準備中にお邪魔して誠に申し訳ございません(平伏)。

有坂さん 「あ〜大丈夫ですよ〜♪。ちょっと失礼します。」

  「 きゃーーーーーーーっ! 」

miko-miku&momo 「ど、どうされました?!」

有坂さん 「お手洗いに行こうとドアを開けたら中に人が(;;)」

    膝を抱えて落ち込む

のんきに出て来たyucomさん 「あー、ごめんなさい。鍵かけるの忘れちゃった♪」

有坂さん 「(胸を抑えつつ)びっくりしましたードキドキ
   
miko-mikuさん&momo 「申し訳ございません!有坂さん!!」

momo 「もーっ怒り yucomさん、トイレの鍵ぐらい掛けてくださいよ(;;)。
自分の家じゃないんだからー怒り怒り怒り
有坂さんはこれから歌っていただくんですよ。驚かせてたらだめじゃん!!」

★ ★ ★

でも、そんなてんやわんやの中で、有坂さんはまたすぐに淡々とご準備を続けられ、発声練習を♪

そしてリハーサルで歌い始められると…

       ♪ D I V A 降 臨 キラキラ

miko-miku 「ここからは是非私にm(_ _)m。」

歌姫が舞い降りました。
ざわめきは静寂へ。有坂さんの歌声に会場が別の世界へワープしたような感じです。
みんなのすべての動きが止まり、時間が止まり、ただ有坂さんの歌がそこに存在しています。

そして、「あなたを想えば」。
もう一瞬にして、歌に抱かれたというか、今までの活動で出会った人々、風景、すべての大切なものが光に包まれました。
自分で作った詞なのですが、何か、今、高いところから「歌詞のメッセージはこういうことだったよ」と示されたような。
そして、有坂さんがそれを伝えてくださったのです。

こらえようとしても涙があふれてきて止まりません。
声をあげて泣いたら歌が聞こえなくなってしまう。至福の葛藤。でもこらえきれない。

  ぐぅぉ〜〜〜  泣く泣く泣く泣く泣く

★ ★ ★

miko-mikuさん、うるさいのでyucomさんに押さえつけられてしまいました。

yucom 「ひどいっ。感動を共有したくてハグしたんですけど。
でもmiko-miku、心の準備ができてよかったわね〜。
本番でこんなになっちゃったらお客様が大迷惑」

yucomさんずばずば言います。でも、確かにmiko-mikuさん本人が書いていたように、ライブの時こらえるのにすごい顔になっていましたから、リハーサルがなかったら本番で大変なことになっていたことでしょう。

miko-mikuさん泣きながら 「有坂さん、ありがとうございました」

yucom&momo 
「ちょっ、過去形だめだめ。終わってません! これからですよ!! まったくも〜」

★ ★ ★

時間が迫ってきました。momoは休む間もなくチェック&チェック。全部OKですね。

ヤングボランティア 「あの〜、応援クッキーの数が注文票と合わなくて…」

momo 走る「なんですってー?! あなた達さっきからいったい何回数えているんですかっ怒り 
いいです。私が数えます。ニンニンニンニンニン momoの高速カウント開始〜ぴのこ:)
はいシュガー10、紅茶10、チーズ10…全11種類!完了!!合ってますが。ギロッ」

時間が迫る〜。

miko-mikuさん&yucomさん 「1、2、3…21、22…えーと、いくつまでいったっけ…。
もう1回ね♪ 1、2、3…」

momo  走る「もしかしてお席の数ですか?」

miko-miku「そう、念のためと思うんだけど何回数えても合わないからね。
もう1回数えてみましょう。1、2、3…そういえば、名取に帽子をお届けする時も
数が数えられなかったよねー、あれ…またわからなくなっちゃった。」

momo (;;)「はいはいはいわかりましたじゃ一緒に数えましょうイチニサンシゴロク」
ビューン、momo再び超高速カウントぴのこ:)ぴのこ:)
「はい、完了!大丈夫ですから。miko-mikuさんとyucomさんはもう数えないでくださいっ怒り

★ ★ ★

こうして、ちょっとドタバタだけど、有坂さんとご一緒にライブの準備をできたとってもとっても楽しい時間が過ぎてゆきました。

有坂さん、どうもありがとうございました!♪♪

順序が逆になってしまいましたが、ライブの様子は前2回の記事を再びご覧ください^^/。

「『有坂ちあきさんライブin名古屋』を開催しました!」
http://www.goisshoshimasho.com/?eid=15

「皆さまからお寄せいただいたライブのご感想をお伝えします♪」
http://www.goisshoshimasho.com/?eid=16

★ ★ ★

以上で「momoのつぶやき at 有坂さん名古屋ライブ」を終わります ちゅん

yucom 「momoちゃんいつも『記事が長過ぎる』とか言ってるのに、今回メチャメチャ長くないですか」

miko-miku 「そうよ〜プンプン。それにMCのmomoちゃんが、
『引き続き夜の部にご来場いただけるお客様も、申し訳ございませんが一旦ご退室いただき、
あらためてご入場をお願いします』とここまではよかったけどね。
じゃ、解散!』って、お客様に『解散』はないわよね〜。」

momo 「いえ、会場前方ファンの方はよくわかってくださいました。
わたくし元ガールスカウトですので、規律正しい団体行動を。
お二人には今後は更にビシバシと…。」

miko-miku&yucom すたこらピューーーーーッ

 ★ ★  ★  ★ ★ 

「ご一緒しましょ!」を読んでくださっている皆さま、
有坂さんのブログを通じてお訪ねくださったファンの皆さま、
おつきあいくださりどうもありがとうございました♪♪

3月15日の「有坂ちあきさんライブin名古屋」に関する記事は
これにて一旦終了させていただきますが、
これをご縁に是非また時々遊びにきてくださいね^^/。

ご一緒しましょ!

 ★ ★  ★  ★ ★ 
 
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015/03/30 1:32 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015/04/01 7:01 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015/04/02 1:29 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM